社会福祉への取り組み

社会福祉への取り組み

誰もが、住みなれた地域で、安心して暮らしていける社会、それは私たちすべての願いです。

しかし、わが国を取りまく環境は、世界に例を見ない急速な高齢化、少子化、ニーズの多様化や犯罪の増加など、非常に厳しい状況です。

阪神住建では、このような時代に、社会福祉の向上に資することにより、社会に貢献したいと考え、平成 14 年 3 月に『社会福祉法人 平成福祉会』の設立、そして特別養護老人ホーム『平成新高苑』および『平成みなと苑』、障がい者福祉サービス事業所の設置・運営に全面的に寄与しております。

今後とも、地域に根ざした施設運営を図って参りますとともに、なお一層、社会福祉の向上のためには何をなすべきかを、真摯に研究していきたいと考えております。